ビジネスや経営戦略のアドバイザー

会社を興したり、フリーで活躍する人で多いのが、難関資格を持っていたり、または業界で高く評価される技術を持っていたりします。
実際、しっかりとした職務経歴や学歴、資格などを持っている場合は、社会的信用が高いです。
だから、自営業として独立するには、それなりの資格がいるのです。
その上で実績があれば顧客を得ることは比較的難しくはないでしょう。
ただし、いまは士業でも資格だけでは食べていくことが難しくなっていて、かなり経営が怪しくなっている会社もあるのです。
そしてもし自分が社長であったりすれば、それぞれの業務の専門家の採用はもちろん、だいたいのことはすべて自分が把握していないといけないこともあり、なかなか運営は難しいです。
ビジネスや経営戦略のアドバイスをする立場にあっても、自分の会社を客観的に見るというのはどんなに賢い人でも難しいものです。
そんな会社の経営を嫌って、一人で会社を運営したり、活動したりする人もいます。
それはそれで正しい仕事のあり方かもしれません。
社員がいなければ養うのは自分だけでいいので、気分的にはだいぶ楽ですが、ビジネスに広がりがなくなる場合もあり一長一短です。
どんな仕事でも自分の身の丈にあった仕事スタイルを探すことが必要で、コンサルタント業務にしても、自分一人でピンで活動するもよし、さまざまな専門家を結集して色々な視点からビジネスを検証する方法もあります。
より効率的な事業形態を考えましょう。
転職は仕事を探すだけではなく、自分にぴったりな働き方を考えるきっかけでもあるのです。

【参考】

Copyright (C)2017世界に広がる雇用チャンスをモノにせよ.All rights reserved.