給料が多ければOK

仕事選びはその人の価値観が多く反映するもので、報酬がすべてという人もいれば、自分が好きでやりがいのある仕事なら、給料はあまり問題ではない、という人もいます。
それはその人の価値観の問題なので、他人がどうこう言う問題ではありません。
その上、最初は理想があったけど、さまざまな問題があり理想通りの仕事ではなかった、また報酬が高いところが魅力ではあったが、自分には向いていない仕事だったなどで、転職を決意する人もいます。
正社員なのか非正規雇用なのかで同じ仕事をしていても、待遇が違うなどで不満が出てくる場合もあります。
まさかのときの転ばぬ杖として、派遣や人材エージェントに登録しておくこと、そして転職やチャンスに備えることができます。
仕事において、理想と現実のギャップはどうしても起こりえることで、それが仕事をする前には全く分からないというケースは多いです。
それが分かっていてもそのまま仕事を続けるか、また他の仕事にシフトして次のチャンスに賭けるかは本人の自由です。
ただ、同じような職種やポジションですと、結局は元の木阿弥、転職しても大差がなかったということになりがちですから、それならば同じ場所で働き続けた方が得なことも。
給料アップの筈が、結局は諸手当を引かれて前よりも手取りが少なくなったり、通勤時間が倍になって時間的拘束が増えたり、失うことも多い転職は慎重になりましょう。
何事もオイシイだけの話はないと心しておくことが大事です。

【参考】

Copyright (C)2017世界に広がる雇用チャンスをモノにせよ.All rights reserved.