自分で転職時期を見極める

会社から肩たたきにあう前に、自分で希望退職制度を利用するなど、アクションを起こすことができます。
良い人材を確保したいと会社は思うものの、どうしても会社の評価には偏りがあったり、納得できない人事は良くあるものです。
自分は会社員に向いていないと思う場合には、独立開業もあり得ますし、自分で人材派遣、人材エージェントなどに登録し転職先を探す場合もあります。
定年まで会社で粘ることも必要かもしれませんが、パワハラなどに悩まされてストレスをためているよりは、より良い解決法を模索するのも考えてみましょう。
専門性の高い仕事なら中年になっても、それなりのポジションは見つかりますし、管理職の募集なら、すべてゼロからやり直しではありません。
いままでのキャリアを活かしつつ、転職を成功させましょう。
そして会社からあまり必要とされなくなっているのに、そのまま窓際で定年まで過ごすのは我慢できないというタイプの人もいます。
もちろん生活の資としてのお給料がなくなるのは大きな損失ですが、もしかしたら、本当にあなたを必要としている企業が他にあるのかもしれません。
新たな転職先では、給料は下がったとしても自分のやりがいという意味では成功することもあります。
自分でしっかりとキャリアパスを描き、そのなかで実現できることは積極的にチャレンジしていくといいと思います。
また退職後のキャリアを考えることも、海外での活躍も期待されているので、まだまだ現役という気概はいつまでも持っていた方が人生に楽しみが増えますね。

【参考】

Copyright (C)2017世界に広がる雇用チャンスをモノにせよ.All rights reserved.