これからの管理職とは

専門分野に長けているスペシャリストであるだけではなく、ジェネラリストであることも求められている最近の管理職、そして事実関係として、海外で活躍ができるようにスキルを鍛えておく必要があります。
自分が採用に携わるようになったら、自分の部署をこれからもり立てていくのに必要な人材を見抜く必要があります。
だから新卒、中途に関わらず、経歴や資格だけではなく、これから伸びる人材かどうかを判断しないといけないのです。
管理職は様々な業務やストレスに追われることにもなりますが、なによりも人とのコミュニケーションが大事なポジションになります。
部下の意見をしっかりと耳を傾け、それなりに対処できるようにしておきましょう。
自分だけのゴリ押しで済んでいたのは昔の話で、いまはよりソフトな物腰の上司のほうが好かれます。
企業の経営方針や戦略なども変わりやすく、また人員削減やコスト削減などで部署の廃止や工場の閉鎖がこれからも多くおこるかもしれず、そんな時代を乗り切るのには、先を読んで行動しなければなりません。
専門分野だけに没頭するのではなく、人とのコミュニケーションを密にして、情報収集をするのも大事な業務の一つです。
自分の味方を増やしておくのも重要ですね。
上司、同期、そして部下にどう思われているか、常にアンテナを張っているようにしておきましょう。
管理職であるからといって安泰の時代はもはや時代遅れなのでしょう。
時代や人の流れをよく見極めておくのも大事です。
場合によっては、中年になってから転職せざるを得ないこともあり、なかなか難しい時代になりました。
Copyright (C)2017世界に広がる雇用チャンスをモノにせよ.All rights reserved.